そば打ち体験 参加者募集中

高山棚田を復活させよう 仲間募集中

Powered by Six Apart

ウェブページ

« しいたけの原木作り | メイン | 話し合い »

2013年1月29日 (火)

しいたけの菌打ち

  昨日の雪で道路の凍結が心配されたが、雪は昨日中に融け、高山に来るのに

支障はなかった。金石橋の温度計の表示は0℃。

  暖を取るために、ドラム缶の中で木の枝を燃やす。一人の方が面白いものを

持ってきていた。火打ち石とやすり。これで火がおこせるという。石でやすりをたた

いて火花を散らし、下に置いた黒いきれに着火させるそうだ。何回かトライしたが、

火花は散るものの着火するまでには至らなかった。残念。

          051


  これが本日作業する原木の山。

          052

 

  作業手順は、先ずドリルで原木に穴を開ける。

          055


  これをビニールハウス内に持ち込んで、穴にしいたけ菌を入れ、金づちでた

たいて埋め込んで出来上がり。しいたけを口に出来るのは来年の秋。1年半は

かかる。

          054


  出来上がったほだ木はハウス内に並べる。下にヒノキの葉を敷き、縦に並べ、

倒れないよう紐で縛っていく。

          057


          058


  これで完成。桜の花が咲くころまで、この状態で置いておく。こうすると、しい

たけの出来が早まるらしい。

          061


  地元の方から大学いもとりんごの差し入れを頂いた。

 

          060


  以前から気になっていた、そばと大根を植えていた畑のシカ除けネットをはず

した。これは地元の方から借用したもので、使う時非常にスムーズに使えたので

しまう時も次に使い易いように気を付けてたたんだ。

          062


          063


          


トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/543016/30893627

しいたけの菌打ちを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿